ロゴ
HOME>Column>通信制高校に通う【通信制高校の選び方をチェック!】

通信制高校に通う【通信制高校の選び方をチェック!】

男女

通信制高校の特徴

高校に通う方法には、全日制・定時制高校に加え通信制高校があります。全日制と定時制高校には学校に通う義務が生じますが、通信高校の場合は通信による教育が主なものとなります。通信制高校に通うには、全日制高校などを中退しても勉強を続けたいと考える人や学業などが不振と言う理由から退学された人など、様々な理由がある人と思われます。また時代環境が変わったことから、若いうちに世界を転々するスポーツをする人などにとっても、勉強のしやすい環境におかれる高校でもあります。全日制などの高校に通いたくても通うことの出来ない生徒にとっては、救いの場ともなっているのです。学校に通いにくい環境の人も多く、授業は週に数回通う場合とか年に数度の合宿と言った方法の学校もみられます。

ノートを取る

通信制高校を選ぶ際のポイント

通信制高校の大きな特徴は、授業に出る時間は少なくほとんどが自宅学習になると言うことです。課題となる勉強したことをレポートで提出することが義務付けられ、学校が指定したスクーリングに出席して、認定試験を受け単位修得に努めます。しかし通信高校にも公立と私立があり、学費の額も違って来ることになります。また学校そのものが近くにない場合もあり、スクーリングに通うことが出来ることが条件になります。また通信高校を選び時に大事なことは、サポートがどのように行われるのかと言う点にも注意が必要です。基本的なことでは自宅で勉強をしてレポートを提出し、3年間で74の単位を修得しなければ卒業出来ません。自分だけで学ぶことが多いことから、挫折をしてしまう場合も多くなります。自分の意志が強いことも必要になるのです。